「さかいへの質問」

なぜ、これまでの大阪市議会では議員が条例を作って改革を進めることができなかったのでしょうか?

「さかいの答え」

理由の一つとしては、「議員が条例を作るべきではない」という慣例・慣習があったことです。

そして、実際に行政に任せてイエスマンになっておく方が楽だという実態がありました。

下手に役所の改革を進めようと思えば、公務員の労働組合から強烈な足の引っ張りを受けます。

イエスマンを続けておけば政治生命を伸ばすことができる。

そのような互助会的な馴れ合いが役人と政治家の間にはあったのです。

おそらく、未だに国会や多くの地方議会ではこういった「馴れ合い」が存在するのではないでしょうか。

でも、これから先の時代にそんな「馴れ合い」を続けていたら、日本は潰れてしまいます。

政治家と役人が馴れ合っている間に少子高齢化はどんどん進み、国も地方も借金はどんどん増えていきます。

馴れ合いの政治をやめること。

そのためには、やはり、議員自らが身を切る覚悟を示さなければなりません。

口先でいうのは簡単です。

しかし、本当に身を切る改革を実行してきたのは維新だけじゃないでしょうか。

これから先の時代の有権者の方々には各政党の美辞麗句を並べたマニフェストやマスコミ報道だけを見て判断するのではなく、「行動」「実績」を見ていただきたいと思います。

馴れ合い政治から脱却できる政党は維新だけです。

私はそう確信しています。