「さかいへの質問」

さかいさんは大学までの教育無償化を訴えていますが、なぜ、やる必要があるのか教えて下さい。


「さかいの答え」


日本のような資源のない国が生きて行く為に、そして、豊かな心と生活を求めて生きて行く為にはどうしても質の高い教育がないとダメなんです。

今の世の中を見てください。

経済のグローバル化、アジアの新興国の台頭など日本を取り巻く状況は年々大きく変化をしてきています。

そして、日本国内に目を向ければ、少子高齢化という大きな問題を抱えています。

若い人たちのワーキングプアの問題もあります。

非正規雇用、低賃金で結婚できない若い人たちもたくさんいます。

将来の目標を見失い、活力を失っている若い人たちもたくさんいます。

しかしながら、これから先の時代を生き抜いていかなければならない若い人たちの負担は年々増すばかりです。

一人一人の能力を最大限にひきだして、得意分野で思いっきり力を発揮してもらう。

そういった教育にかえていかなければ、これから先の時代を日本が乗り切っていくことは非常に難しいと考えています。

そして、いつでも誰でも「学び直し」ができる社会にしていかなければなりません。

社会に出て知識やスキルの重要性に気づくことだってある。

多くの人は学生時代には重要だと思っていなかった「勉強の重要性」に気づくんです。

皆さんも職場の同僚が「勉強しておけばよかった」と言っているのを聞いたことがありませんか?

人は自分で気づいたときにしか本当の意味で変わることはできないと私は考えています。

だから、教育を無償化することで、経済的に貧しかろうが、年を取ろうが「学びたい」という意欲を本当に持ったときには学べる・学び直せる社会にすれば日本はもっと賢く強くなります。

そうそう。そういえば、橋下徹さんはかつて「子どもは親を選べない」とおっしゃっていました。

それはどういうことかというと、例えば親が貧困にあえいでいる。

あるいは、生活保護を受けているという子どもでも親は選べない訳です。

そういった状況にあると今の日本では、質の高い教育を受けたり、レベルの高い大学にいったりすることは非常に難しいんです。

2009年のお茶の水女子大学の研究でも「親の所得と子どもの学力の相関関係」が示されていました。

実際に経済的にしんどい家庭の子供達と経済的に豊かな家庭の子供達では、努力だけでは乗り越えられない「選択肢の壁」つまりは、「将来の可能性の壁」が存在する訳ですね。

結果として、経済的にしんどい家庭に生まれた子供達の多くは「貧困の連鎖」に陥ってしまう可能性がある。

これでは、あまりにもかわいそうじゃありませんか。

教育を受ける機会を均等にして、そこからそれぞれの努力と能力に応じてやっていくのが本来の教育のあるべき姿だと私は考えています。

その為には「教育の無償化」というのは絶対に必要なんです。

これは、バラマキでもなんでもありません。

「将来への投資」なんです。

「豊かな日本を創るための投資」です。

努力次第で誰もが夢を実現できる力を身につけられる。

一人一人が才能を発揮できる社会を作ることが結果として将来の日本を豊かにすることにつながると私は信じています。

 

次世代の為に頑張ります!!